×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

足痩せエステのポイント

足痩せエステの効果!と聞けば気になるところです。

足痩せエステの魅力はエステシャンによるマッサージ(リンパマッサージが好きです)です。ツボ刺激、リンパの流れを改善し体内老廃物が除去される、結果としてセルライト除去効果が高く美容効果も高いという筋書きです。

エステサロンの足痩せエステはふくらはぎのセルライト除去にポイントがあります。エステサロンでセルライト除去を試されると、足痩せエステの効果を感じるでしょうね。

足痩せエステでスリムになったと感じた方は、ココを実感している筈。ご存じの通りセルライトは足(太もも)やお尻のまわりの皮下にある老廃物が痕跡を残した物でダイエットには天敵です。 一般的なウォーキングやスクワット等のエクササイズやダイエットの過程でもセルライトを除去するのは難しいです。従って足痩せエステでセルライト対策が行なってもらえるならダイエット又は足やせというテーマで一石二鳥の効果を体験出来ます。

繰り返しますが、エステサロンの足痩せエステではセルライトの除去が重要です。セルライトをマッサージで改善することは可能です、足痩せ体操とか結構効果高いですよ。

太ももの後ろは手が届かない場所であると同時にプロのエステシャンでもハンドマッサージだけでは限界がある難所と言えます。足痩せエステではセルライトを強力な脂肪吸引器具などを使って、除去をする施術をうけることもあります。凄いですね。

でもエステで足痩せを徹底的に行うには費用的な面がネックです。またエステの効果はリバウンドも早いらしく考え所です。そんな中、自宅でエステ以上の効果を期待できる足痩せ法が評判になっていますね。雑誌やTVで紹介されているので知っている方は多いと思いますが一応紹介しておきます。参考にしてみて下さい。


>>エステに行く必要のなくなる脚やせ法

足やせエステ

スカート(女性の正装といえね、パンツスーツよりもこちらのイメージがありますね)で出歩く女性にとって足は体の中で一年中見えやすい部分です。太い足を隠すために夏でも長いスカート(長さを考えないと、足が太く見えてしまうことも・・・)などを履くのは嫌なものですよね。では、足やせエステを行う前に足が太くなる原因を考えてみましょう。

足やせエステを願う女性の多くが足のむくみに悩まされているようです。足のむくみは筋肉の衰えや長時間の立ち仕事やディスクワークに従事している(長い時間ずっと同じ姿勢でいる)ことや水分不足が多?の原因です。足のむくみ(漢字では浮腫みと表記し、「浮腫・ふしゅ」ともいわれます)からやがて、足太りになり、最終的には足や太股にセルライトができてしまったことによって、足やせエステに通うという方が多いようです。

足やせエステ(基本的に、高額な費用がかかります。契約の前には実際にお試し体験をした上で、慎重に判断した方がいいでしょう)を願う方は同時にセルライトの悩みもかかえているようです。セルライトは一つできると血行の流れが悪くなり皮膚の表面がオレンジの皮のように、でこぼこになります。出来てしまったセルライトを自分でお手入れするのは大変です。足やせエステでエステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)シャンなどにお手入れしてもらうといいかもしれませんね。

足やせエステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)を行なっているエステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)で常に人気ランキング上位に上がっている「エステ(基本的に、高額な費用がかかります。契約の前には実際にお試し体験をした上で、慎重に判断した方がいいでしょう)ティックミスパリ 梅田店」とはいっても、所在地は大阪府大阪市でJR(ジャパンレールウェイズ・日本諸鉄道の略称です)大阪駅の近くにあることから通うにも便利な場所にあるみたいです。エステ・ミスパ(健康ランドのような大きな入浴施設を指すことも多いでしょう)リでは女優・藤原紀香さんごひいきのコース『足やせ集中トリートメント』での足やせエステが人気が高いようです。

エステに行かなくても足やせ

足やせエステに行かなくても足やせする方法はいくつかあります。足やせエステに通わずとも同様の効果を得たいと願うのでしたら、ひとまず常にふくらはぎ(マッサージ、筋トレ、ストレッチなどを習慣にするといいですね)をうごかすということを、日々の暮らしの中で気を遣う必要があるでしょう。

ふくらはぎ(マッサージすると健康にいいといわれています)はいつも立っている状態で、地面に近い位置にあるので身体の水分が下へ下へと流れ、水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)がたまりやすい位置にあるのです。ふくらはぎにたまった水分は、ふくらはぎ(正式名称は腓腹筋でマッサージをすると細くなるでしょう)を動かすことによって、筋肉を使いながら上へ上へと押し戻そうと作用します。ふくらはぎの水分の循環をよくすることで足やせになります。

足やせエステ(基本的に、高額な費用がかかります。契約の前には実際にお試し体験をした上で、慎重に判断した方がいいでしょう)に行くのが大変であれば、単純に歩くことを繰り返すようにしたり、足をぶらぶらと揺らしてみるのも良さそうです。足やせエステは価格が高いものもありますので、自宅で無料で行なえる方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)としてはツボを刺激することも挙げられます。足のツボを刺激すれね足やせエステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)に通っているのと同様の効果を期待する事が出来ます。ただ、長期的に続けなけれねならないというのがデメリット(メリットと比較して、どうするのかを判断することがほとんどです)だといわれているのです。

ツボ刺激の方法なのですが、親指、または人差し指の腹でツボを面で強く押えます。ゆっくり押して20秒ほど押さえてゆっくり離すといった感じにします。足やせエステに行ったときと同じような効果を得たいなら、長期に渡って繰り返すことが必要なのですが、お尻のふくらみの真下にあるツボで承扶(しょうふ)という場所と、ひざの内側の延長線上、指3本分のところにあるツボで血海(けっかい)、足の親指と人差し指の付け根から指2本分のところにあるツボで太衝(たいしょう)と内くるぶしの上、約6センチのところにあるツボで、三陰交(さんいんこう)をツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)押しするとよいです。